18/11/2020 Shpërndaje

ds7 クロスバック 故障 6

シトロエン DS 7 CROSSBACKを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 クルマ, 車を購入してメンテナンスをしっかりしていれば長く乗れたり壊れにくい日本車と、メンテナンスしているのに故障する外車は何が違うのでしょうね。.

21世紀以降に生産されたフランス車は、故障の恐怖とはほぼ無縁になったと断言していいだろう! メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, 機能よりモノっぽさで勝負!?

しかも値段がドイツ車よりはっきりお安い! オプションテンコ盛りの国産車より安かったりもする! だから、今こそおフランス車のススメなのです。う~ん、ムッシュ、シルブプレ!! DS 7 クロスバック(グランシック・リボリ), 過去にメルセデスのIWC、キャデラックのBVLGARIなど例があったが、時計にも一家言あるような、そういうコダワリをもつユーザーの琴線に触れるクルマ……という訳だ。, プジョー・シトロエン・ジャポンは7月11日、DSオートモビルのフラッグシップSUV『DS 7クロスバック』を対象に、ボディカラー、インテリア、ホイール、オプションを自由にコーディネートできるBTOサービス「オートクチュール」を導入した。, オートクチュールは、DS 7クロスバック「グランシック」「グランシック ブルーHDi」をベースに、エクステリアカラー9色、インテリアインスピレーション4種、ホイール3種、DSナイトビジョン+パノラミックサンルーフの有無の全432通りの中から、ウェブで確認しながら自分だけの1台を創り出しことができるBTOサービスだ。, © レスポンス 提供

suv 3008 中古車.

力強い走りが生み出す、 新次元のドライビングプレジャー。 MAX POWER 177 … 11~245 万円. 51~503 万円. ds7クロスバックは、外観も内装も走るヴェルサイユ宮殿ね。そのわりに477万円から買えるのって、安すぎない? セボンセボン。 ds7クロスバック(477万7000~589万7000円) の3つタイプがあります。 それは、冬です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そんなに周りが『外車は故障する』と言われると、乗りたいけど躊躇してしまいますよね。, 日本には四季があって湿度が高かったり蒸し暑い夏や冬は氷点下になるほどの気温差が激しい気候があるため、外車は日本の気候に合わせて作られていないので適応していません。, ゴム部品の劣化などによりサンルーフから雨漏りなど頻繁にあったと聞いたことがあります。, 日本車の性能や品質がよく壊れにくいので、日本人は日本車を基準に考えてしまっている。, メイドインジャパンは安心安全と世界で評価されているので、日本人が求めているものが自然と高くなってたのかもしれませんね。, 故障が多いと言われているけど、そのなかでも品質の良い外車を購入するには次の通りです。, 外車は日本車に比べて故障が多いのでまず購入するときには、『点検や整備』がきちんとしているもの選ぶべし。, 保証が付いていれば、万が一修理することになっても無償でやってくれるはずですので安心です。, 昔は日本も気候に対して適応していなかった故障が多かったわけですが、現在は日本製の電装部品を使用したりして対策されているので、大きな故障は減少していると思います。, 極端ですが、日本車はメンテナンスしなくても走り続けることができると思いますが、外車はメンテナンスが必要です。, メンテナンスを定期的にすることでより故障率やムダな出費を抑えることができると思います。.

フランスの戦車といえばルノーR35戦車。ナチスドイツの電撃戦の前に、木っ端微塵に吹っ飛んだわ。パリダカの国だけど、おフランスはオフロード車は苦手なの!, でも、フランス自動車業界は、今やSUVの花盛り。シトロエンC6みたいな大型セダンはサッパリ売れないからもうやめて、SUVを作ってるの~! だってそれが世界的トレンドだもの! さすが流行にビンカンさんね。, ただし戦車の弱い国らしく、4WDはナシ! 全部FFのファッションSUVっていうところがおフランスらしいじゃない? 4WDはいらない、オシャレな都会派SUVがほしいっていう人は、迷わずおフランス車にGO!, なかでも一番のオススメは、シトロエンのC3エアクロスでしょうね。安くてオシャレなC3がベースだけに、エアクロスもウルトラ安くてオシャレ! たったの263万8000円(フィール)からだもの。, このお値段、C-HRとだいたいガチ。VWのTクロスより確実にお安いわ。C3と同じくナビをスマホですませて節約すれば、これに諸経費プラスでご納車申し上げます。オシャレ感は宇宙一なのでご安心あれ。, ルノーキャプチャーも、C3エアクロスと同じクラス。1200ターボを積んで軽快に都会を駆け抜けるの。ちょっと古くなっちゃったから、キャプチャーなら中古がオススメかもね。バッチーン(ウインクの音)。, そして、かつての中大型セダンやワゴンの代わりとして、今フランス人がこぞって乗っているのが、プジョー3008や5008、シトロエンC5エアクロスなのよ。, お値段は400万~500万円ってところ。ウリはやっぱり節約と大トルクのディーゼルエンジンでしょうね。, それと、シトロエンC5エアクロスには、シトロエン伝統のハイドロサスの新時代版、プログレッシブ・ハイドローリック・クッションが装備されて、そりゃもうマシュマロみたいにフワッフワの乗り心地!, フワフワしたSUVは、世界広しといえどもこのクルマだけかしら? これに対抗できるのは、ベントレーのベンテイガくらいだと思うわ。ベンテイガは最低2000万円するけれど、C5エアクロスならたったの431万9000円から! ステキ。, ミニバンといえば国産車。輸入ミニバンなんてお呼びじゃないっていうのが常識だけど、そんななか、一番頑張っているのがおフランス製のミニバンじゃないの? 日本ではミニバンに入らないかもしれないけど、だからこそ国産ミニバンにオシャレ感で対抗できるってワケ!, フレンチミニバンの最右翼は、言うまでもなくルノーカングー。シートは2列だけど、後席はスライドドアだし、室内はとっても広い。, 「ホントに3列シートって必要かな?」って思ったら、もうカングーを検討せずにはいられないはず。なにせカングーは254万6000円から。お値段は国産ミニバンよりむしろ安いから、その点だけでも検討する価値はあるでしょ?, エンジンは1.6Lガソリンターボと2Lディーゼルが選べて、お値段は400万円前後。室内は国産ミニバンほど広くはないけど、なにしろ走りが圧倒的にステキ! 国産ミニバンで長距離走るとけっこう疲れちゃうけど、スペースツアラーならどこまでも行ける。そのうえ圧倒的なオシャレ感。そこを考慮すればいい勝負よね。, シトロエンからは、ベルランゴ(325万円)っていうカングーの対抗馬も登場するわ。限定導入されたデビューエディションは一瞬で完売しちゃったけど、秋から正式輸入されるはずよ! こっちはカングーと違って自動ブレーキもついているのが強みよね。, 第2次世界大戦後、フランスからは高級車がほぼ消滅しちゃったワケだけど、それでも一番高級なのはシトロエンから分離したDSブランド。フランスの大統領専用車といえばDSなのよ!, そんなDSの命は、ズバリ、そのオシャレぶり。メーカー自ら、そう言ってるんだからステキよね。, 今、日本に導入されているのは、DS3クロスバックとDS7クロスバックという2台のSUVなんだけど、どっちもウルトラオシャレでため息が出るわ。これはもう走る宝飾品みたいなものよ!, やっぱり注目は、お安いほうのDS3クロスバックよね。とにかく全身オシャレのカタマリ。インテリアなんかダイヤモンドがキラッキラッな感じでクラックラッ! 走りはC3エアクロスに準じるけど、このオシャレ感はメガトン級よ。そのわりにお値段は304万円からだから、決してお高くはないのがフランス車のいいところ!, DS7クロスバックは、外観も内装も走るヴェルサイユ宮殿ね。そのわりに477万円から買えるのって、安すぎない? セボンセボン。, フランスはドイツの隣国。超強力なドイツ自動車業界に押されまくり、揺れ動いてきた。その影響で、フランス風味を捨ててドイツ化しようという動きも顕著になり、乗り味がヤケに硬くなったりして、フランス車らしさが失われた時期もありました。, がしかし、おフランス車は目覚めた! やっぱり自分たちの個性を生かさないとダメだって。最近はフランス車らしい猫足や、マシュマロみたいな乗り味が復活し、内外装のオシャレ感では、ドイツ車を凌駕するセンスを発揮するようになっている。. そんな乗り換えを検討している方へ、私が気になっている『プジョー3008』に先日試乗してきましたので、気付いた点や見積もりなど紹介しお役に立てればと思います。, 現在使用中の車がかれこれ9年も乗っており10万キロも突破していることもあって、整備士の方からベルトとプラグの交換と車検を同時に行うと30万ほどの出費となると言われました。気になっていた『DS7クロスバック』を見に行って来ました。 ディーゼル車特有のAdBlueについて消費量や維持費についてお伝えします。, 車を買い替えるためや乗らないので売却するとかで、車を手放すときはどのようにしますか?

Zという舞台へのカーテンコールに思えた かつてZ33に乗っていたこともあり、期待していた日産フェアレディZプロトタイプ。シンプルに「カッコいい!」というのが第一印象だったが、デザインプレゼンテーション ... フロントドアを閉めてからリヤドアを閉めちゃダメ マツダが10月8日に発表・発売したコンパクトSUV、MX-30。早速実車を確認してきたのでその模様をお伝えしようと思う。外観は、やはりマツダ車のなかでは ... 事件の肝は、「パトカー搭載のレーザー装置」 こっ、これは単なる警察不祥事ではない! 警察内部に激震が走ったんじゃないか! 多くのテレビ、新聞が報じたうち以下は10月13日付け読売新聞の記事だ。速度デー ... 10月15日、正式発表となったスバル新型レヴォーグ。予約受注の段階では約9割がアイサイトXを搭載する「EX」グレードを選択。最新アイサイトに注目が集まっているようだ。新型レヴォーグは安全技術のみならず ... まさか日産がおつまみを作るとは!と、世のクルマ好きがどよめいた、歴代日産車をかたどった米菓「新型カキノタネ」。なぜ日産が? その疑問を晴らすため開発メンバーを直撃した。【こだわりすぎの基礎開発】日産が ... 「DS7クロスバック」でガスステーションに入ったら、セルフスタンドなのにスタッフの男性が近寄って来て、「コレ、ナンてクルマですか?」と声をかけてきた。「見たことないバッヂですね」とフロントを見たり、リヤにまわったりと、興味津々。, 「DS7クロスバックです。あ、DSというのはシトロエンの上級ブランドで、つまりトヨタに対するレクサスみたいなもので……」とコミュ障気味の運転者(←ワタシです)が説明すると、「へえ、そうなんですか!」と若い男性は驚いて、やはりDS7を観察しに来た同僚に、「オイ、レクサスが作ってるらしいぞ」と、うーむ、明らかに誤解してる。, 「いやレクサスではなくて、むしろプジョー『3008』の姉妹車というか、従姉妹というか……」と訂正を試みたが、果たしてわかってもらえたか……。, なにはともあれ、クルマ離れが叫ばれる21世紀の日本でも、やはりガススタにはクルマ好きの若者が集まるようでひと安心……じゃなくて、ことほどさように、わが国におけるDSブランドの浸透度は低い。まあ、ブランドがシトロエンから独立してまだ5年も経っていないので、東洋の島国でのこの反応も致し方ないかもしれない。, DS7クロスバックは、昨2017年のジュネーブショーでデビューしたSUV。プジョー3008より55mm長い2730mmのホイールベースに、わずかに大きな全長4590mm、全幅1895mm、全高1635mmのボディを載せる。レクサスでいうと、「NX」あたりと大きさのうえではいい勝負。, エンジンは、1.6Lターボ(225馬力、300Nm)と2Lディーゼルターボ(177馬力、400Nm)の2種類。日本には、右ハンドルの8速AT仕様が輸入され、駆動方式はFF(前輪駆動)のみとなる。, 価格は、ディーゼルを積むベーシックな「So Chic」が469万円。20インチを履いてレザー内装がおごられた上級版「Grand Chic」には、ガソリンモデル(542万円)と、ディーゼルバージョン(561万円)が用意される。, DS7クロスバックの第一印象は、キラキラ女子ならぬキラキラSUV。エンジンをかけると、LEDヘッドライトがクリクリと動きながら輝き、デザイン面でも、テールランプほか、インテリアのスイッチ類やダイヤル、ダッシュボードのフェイシアや内張などに、宝石のカットを思わせる菱形のモチーフが繰り返し使われ、なかなか華やか。, 上級グレードのGrand Chicには、豪華なブラックレザーのRIVOLI(リヴォリ)内装がおごられ、センターコンソール中央上部には、エンジンスタートとともに上下方向に回転して現れる、B.R.Mアナログ時計が仕組まれる。, 今回試乗している、標準グレードのSo Chicは、ファブリックのBASTILLE(バスティーユ)仕様となる。乗員を驚かせるカラクリ仕掛けの時計は装備されないが、ブロンズ色でまとめられたインテリアは、たしかに「So Chic!」。粗めに織られたシート地も、ザックリとした感触が心地いい。20インチを履く上級版に対し、こちらの足まわりは18インチ。タイヤサイズも「235/55R18」と穏やかなもので、乗り心地は……、まぁ、普通。, いや、別にディスっているわけではない。それどころか、DSに搭載された先進テクノロジーは「ずいぶんこなれている」と感心した。具体的には、全車に標準装備される「DSアクティブスキャンサスペンション」について。フロントウインドーのカメラで路面の凹凸を読み取り、瞬時にショックアブソーバーの硬軟に反映させるシステムなのだが、よくも悪くも、その作動をドライバーに意識させることがない。, これがひと昔(ふた昔! DS 7 クロスバック(グランシック・リボリ) ?)前のシトロエン車ともなると、信号で止まるたびに車体が沈んだり、リヤがむくりと起き上がったり、カーブでは微妙に柔らかくロールにあらがったり、細かいハーシュは伝えるくせに、大きなうねりはキレイにならして軟体動物のような走りを見せたりと(おもに「エグザンティア」での印象を語っています)、ハンドルを握りながら脳内にメモすることが多くて忙しかったのだが、DS7クロスバックでのドライブは、心穏やか。よくも悪くも、心に刺さることがない。これが技術の進歩というものなのでしょう。テクノロジーが自然なフィールのなかに溶け込んでいる。, 2LのBlueHDiディーゼルは、AdBlue(尿素水溶液)を噴出してNOx(窒素酸化物)を除去、各種触媒と微粒子フィルターで、排ガスをクリーン化させるシステムを持つ。エンジンを始動させると、車外ではディーゼル特有の音を意識させるが、ひとたびクルマに乗ってしまえば気にならない。2000回転で400Nmという大トルクを発生。黙々と働く実用ユニットだ。, 初見ではキラキラ要素に目を奪われたDS7クロスバックだが、日常使いを模してみると、当たり前だが、実用的。あえて細かい身近な例を挙げると、大容量のドアポケットが便利。必要なら、複数のペットボトルを挿すことも可能だ。本来、飲み物を置くべきフロアコンソールのカップホルダーは、むしろ身のまわりの小物や財布、携帯電話などを入れることが多いので、汎用性の高い大きなドアポケットはありがたい。, また、前席間に設けられた、観音開きの蓋付きボックスも無愛想に大きくて、何でも放り込める。これまた便利。特にエアコンの風を導入する機構はないのだが、冷気がたまるのか中の缶ジュース類がよく冷えて、暑い日にはうれしい。いやぁ、フランス車を試乗して、カップホルダーと収納ボックスのハナシをする日が来ようとは思いもしませんでした。, さて、ごく普通のSUVとなった(←褒めてます)DS7クロスバックだが、日本国内ではどうやって売っていくのか? プレス試乗会の会場でスタッフが、秘策を話してくれた。, 「お母様方が乗って来るクルマには、メルセデスやBMWが多い。そんななか、ドコのクルマかわからないけれど、『なんかシャレてるね』と感じていただければ」, 「そうです。押しつけがましさがなく、品よくエレガントだ、と。そこから少しずつDSブランドが広がってもらえれば」, 遠大な計画ですね、とは口に出さなかった。DS7クロスバック自体、それほど大きな数を期待できるモデルではないし、そもそもDSブランドの知名度をいきなり上げる妙手もないから、「ちょっと謎めいてるけどステキ」と思わせるのは、ある意味、潜在的な顧客に対する現実的なアプローチかもしれない。ぜひとも頑張っていただきたい。DS7クロスバック、ママ友はわからないけれど、ガススタのお兄さんたちを引き寄せるパワーは確認されている。. 29~450 万円. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 車にコーティングするのが今は多くなっている中で悩んでいませんか? スポンサードリンク DS7クロスバック グランシック(ガソリン), そして搭載されるエンジンは、1.6リットルピュアテックガソリンターボと、2リットルブルーHDiのターボディーゼル。事前知識としてここまで聞いた時に、あっプジョー『3008』のDS版ね…という短絡的な思考が働いて、そういうクルマという予備知識を持ってプレゼンテーションを聞いてしまった。, © レスポンス 提供 16~434 万円. コーティングには『撥水性』『疎水性』『親水性』 一緒に試乗と見積もりも取ってきましたので、乗り換えを考えている方は参考にして頂ければと思います。, ディーゼル車はガソリン価格が抑えることが出来て非常に経済的ですが、ガソリン車にはない『AdBlue』と言うものがあります。 ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…, 【画像ギャラリー】走りもいい! 普段の足にもいい! おフランス車総勢17モデルの画像をギャラリーで!. 5種類に分類されている軽油の特徴や気を付けることなどをご紹介しますので、冬のレジャーや軽油の車を買おうと考えているあなたのお役に立てれれば幸いです。. cr-v 中古車.

ds7crossbackの中古車物件一覧 (27物件) この車種とよく比較される車種の中古車. 人々の注目を集めまくっちゃう!, こんなにオシャレさんなのに、お値段はたったの226万1000円(フィール)から。オプションリストも少ないから、ナビさえ節約すれば、ほぼそのまんまのお値段で買える。N-BOXをフル装備するより安いかも!, N-BOXは誰もオシャレって言ってくれないけど、C3なら100%誉めてもらえるわ。1.2Lターボはトルクフルで痛快。ATもアイシン製6速なので故障の心配はまるでない。ビバ! おフランス。, 一方、プジョー308は見た目はちょい地味で、お値段もかなり格上(アリュールで289万2000円から)だけど、ワゴンなどが選べるのがステキよねピヴォワンヌ。, プジョー508は、まさにおフランスの伊達男。エリを立てたパリジャンだわ。こういうスカし方って、日本じゃ絶滅して久しくない? まるで雑誌のモデルさんみたい!, こんなに伊達でカッコいいのにお値段は424万7000円(アリュール)から。BMW3シリーズより50万円安い。走りは羽根布団のように軽やかで、運転しているとお姫様気分! 白馬の騎士に抱かれるのってこんな感じ?, 最後はルノートゥインゴで締めましょう。こんなにかわいくって、しかもリアエンジンの後輪駆動だなんて、考えられないステキさじゃなくって?, さすがに走りは独特で個性的。角を曲がるだけでギンザレッドウィウィよ。そしてもちろんオシャレ番長! お値段は198万円から!, フランスのスポーツモデルはお安いわりに意外とデキル。いいえ、意外とどころじゃなく、マジでキレッキレよ。それでいてしっかりオシャレ戦士。さすがおフランス! 2020/8/29

DS7クロスバック グランシック(ガソリン) フランス車と聞いて、いまだに「故障が怖い」と条件反射するアナタ。今どき故障するクルマなんて全世界から消えました! フランス車だって故障なんかまずしません! しかも最近のフランス車は、フランスらしさも取り戻して、オシャレでとってもお買い得になったんですヨ!, というわけで本企画では注目のおフランス車17台をピックアップしてご紹介! 案内役は自動車評論家の清水草一氏。もちろん、昨今のおフランス車の故障や安全装備事情についてもツッコんで解説!, ●【画像ギャラリー】走りもいい! 普段の足にもいい! おフランス車総勢17モデルの画像をギャラリーで!, ※本稿は2020年3月のものです文:清水草一/写真:ベストカー編集部初出:『ベストカー』 2020年4月10日号, おフランスは民衆もオシャレさん。もちろん大衆車だってオシャレに決まってるわ。なぜっておフランスでは、オシャレであることがアタリマエ。オシャレが空気みたいな国だから!, ちなみにフランスでは、第2次世界大戦で旧貴族階級などが完全に没落して、戦後は大衆車しか作られなくなりました。その中核を成すのが安くてオシャレなハッチバックやセダン、ワゴンなど民衆のクルマたちネ!, なかでも一番の注目はシトロエンC3でしょう、トレビア~ン。このデザインを見れば一目瞭然。オシャレが非日常の国、ニッポンではC3はまさにオシャレ泥棒! DS7クロスバックは、昨2017年のジュネーブショーでデビューしたSUV。プジョー3008より55mm長い2730mmのホイールベースに、わずかに大きな全長4590mm、全幅1895mm、全高1635mmのボディを載せる。レクサスでいうと、「NX」あたりと大きさのうえではいい勝負。 『何で冬は気を付けないといけないのか』と思いませんか? このAdBlue無くなると車が動かなくなる特長があり要注意です。 【乗り換え検討の方】ds7クロスバック試乗して分かった点と見積もり額は? 現在使用中の車がかれこれ9年も乗っており10万キロも突破していることもあって、整備士の方からベルトとプラグの交換と車検を同時に行うと30万ほどの出費となると言われました。 私は『疎水性』のコーティングしてもらったのでこの効果と特徴など紹介し参考にして頂ければ幸いです。, 現在使用中の車が9年や10年を迎えていたり、10万キロを超えていよいよ交換しないとダメな部品が出てきていたりと、乗り換えを検討する方もいらっしゃると思います。 『一括査定』を初めて利用してみましたので、その流れと良かった点など紹介していきます。, 軽油ってちょっと気を使う季節があります。 フランスのハイクオリティブランド、DSオートモビルズの「DS7クロスバック」なるSUVの日本発売が開始された。さっそく試乗した印象は、他に類のないおもしろさ、だった。 文・小川フミオ 写真・望月浩彦, プジョー・シトロエングループが「DS」というブランドを作ったのは2009年。ぼくもシャンゼリゼで行われたお披露目会に出席した。そのときはシトロエンの仕上げを高級にしたという印象だったが、今回、「新世代に入った」というDSオートモビルズの言葉どおり、専用車種「DS 7クロスバック」がお目見えした。, 過熱化するSUV市場へのニューカマーだ。感心するのは、いままで誰も試してみなかったスタイリング手法が採用されていることで、ぼくはSUVというより、ぜいたくなセダンととらえてもいいのではと思ったほどだ。, 全長4590mm、全高1635mmのボディに、1.6リッターガソリン、あるいは2.0リッターディーゼルを搭載し、トルコン式8段オートマチック変速機を組み合わせる。, 室内は空間的余裕がたっぷりあり、前後席ともにヘッドルームもレッグルームも充分。後席の居心地もよく、マルチパーパスに使えそうだ。, もうひとつ、DS 7クロスバックの特徴は“個性”にある。スタイリング的に他に類のないクルマを作るという、この車両の企画をまとめたひとの思惑がしっかり反映されている。, 6ライトを採用したサイドウィンドウのグラフィクスは伸びやかでエレガンスを感じさせるものだ。そこにフェンダーの張り出しを強調したボディパネルが組み合わされている。躍動感がうまく演出されている。, フロントグリルも印象が強い。網目の大型グリルの上下幅は薄めにしてフロントパネルの上のほうに配置しつつ、エアダムを大きく見せて、迫力を感じさせる。リアも同様にいちど見たら忘れられないほどの個性がある。それは、「ダイヤモンド」にも比せられる複雑な表面カットのリアコンビネーションのせいだ。, センターコンソールの高さを低めに抑えるなどして、空間的な余裕を強調した室内。そのいたるところに、きらきらと輝くユニークなディテールが発見できる。直線と十字と凹凸。それがモチーフのようだ。スイッチまわりは細かい凹凸状のローレット加工が表面に施されたような仕上げで、きらきらと光線を受けて輝く。, TFT液晶モニターの表示も菱形のモチーフが使われ、たとえば回転計も一直線。慣れないと回転数のイメージがつかみにくいけれど、スタイルのために多少のガマンを、というありかたはDSのオリジンであるシトロエンの“伝統”でもある。, 感心するのはFocal Electra(フォーカルエレクトラ)ブランドのハイファイスピーカー(オプション)のカバーまでごていねいに面処理がされていること。, ぼくはこういうこだわりこそ高品質だと思う。英国の自動車専用サイトなどでは、しょせん合成樹脂の部品でしょ、という評もあるけれど、それのどこが悪いのか、と思う。, スタイルが統一されている点において、DS 7クロスバックの在り方を、ぼくは積極的に評価したい。そもそもDS(1955年)やCX(1974年)といったシトロエンのアイコン的な車種だって、合成樹脂を積極的に使っていたではないか。, ぼくが乗ったのは2リッターディーゼル車で、グレードは「Grand Chic」。2種類のうち装備のより充実した仕様である(ほかにエントリーグレードの「So Chic」を用意)。内装の仕上げは「BASTILLE(バスティーユ)」、「RIVOLI(リヴォリ)」、「OPERA(オペラ)」の3つあるうち中間の「RIVOLI(リヴォリ)」だ。, 乗りだしたとき、白状するけれど、ぼくはガソリンエンジン車だと思った。室内はじつに静かで、エンジンのトルクの出方、それに回転マナーとすべてがガソリンエンジンのようなスムーズさなのだ。, 400Nmもあるトルクゆえ出足はいいし、ターボチャージャーの介入はスムーズで、最大トルクに達する2000rpmあたりの力強さは痛快さをおぼえるほどだ。, サスペンションシステムには、カメラで前方5メートルから25メートルの路面状況をモニターし、ダンピングの減衰力を瞬時に調節する「DSアクティブスキャンサスペンション」が組み込まれている。その効果なのだろうか。乗り心地のよさにも感心する。以前のフランス車はサスペンションのゴム部品を上手に使い、段差や路面の凹凸をうまく吸収するのが特徴だった。DS7クロスバックを走らせていると、それを思い出す。, ステアリングは中立付近の微細領域はともかく、そこからさらに切り込むと正確性を増す。車体の反応も上々。カーブを曲がっていく楽しさも、しっかり味わえる。, すべてのモデルが前輪駆動だが、直進安定性もたいへんよい。高速走行時の静粛性も高く、新しい高速ツアラーである。, パリでのブランドの発表会のときは新しい車種がなかったのでピンとこなかったが、DS 7クロスバックに接して、ぼくもついに新しいブランドが登場したという思いを強くした。, 長距離旅行を念頭にクルマを開発するフランスだけある。プジョーシトロエンは、いまやグローバルブランドだが、乗員を安全に遠くまで送り届けるクルマを作る、という思想性がDS 7クロスバックからはしっかり感じとれる。, それに、いたるところがキラキラしていて、なんとなく楽しいので、誰を乗せるにしても、もてなし感もしっかりある。, クルマのブランドに寄りかかるのでなく、あえてこのプロダクトを選んだというオーナーの主張もどこかで感じさせる。それこそ今の時代に必要なスタイルのある生活につながる気が、ぼくはするのだ。, 価格は、「So Chic」(2リッターディーゼルのみ)が469万9000円。「Grand Chic」の1.6リッターガソリン車が542万円、2.0リッターディーゼル車が562万円だ。, エントリーグレードの「So Chic」の内装はゴールドの糸を使って美しく仕上げたファブリック張りのシートを持つ「BASTILLE(バスティーユ)」仕様のみ。ホイールは18インチで、アクティブスキャンサスペンションやコネクテッドパイロットなどwをd標準で装備する。, 上級グレードの「Grand Chic」は「So Chic」の装備にくわえて20インチホイール、FocalのHiFiスピーカー、レザーシートにアナログ時計などを与えた「RIVOLI(リヴォリ)」仕様の内装が標準。さらに、セミアニリン加工のレザーシートなどを持つ「OPERA(オペラ)」仕様がオプションで選べる。, ライバルとして名前が挙がっているのは「メルセデス・ベンツGLA」(406万円)、「BMW X1」(420万円〜)や「X2」(436万円〜)。どれも前輪駆動と4WDがラインナップされている。「アウディQ3 」もリストに入っているそうだが、1.4ではややカテゴリーが異なるとしたら、「2.0TFSI quattro」(469万円)だろうか。, ドイツのライバルに対して、「DS 7クロスバック」はシートの細かい調節機能もあり、乗り心地がよく快適。かつ安全装備を含めて、ほぼフル装備。それで400万円台の車種もあるという点で評価したい。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります.

静岡県高体連 テニス 西部 5, Just One More 意味 6, 新大久保 カンジャンケジャン 安い 4, 好きな人 諦めるべきか 占い 5, 牛乳パック 電車 乗れる 25, ポケモンスタジアム金銀 チート セリフ 10, オリーブ ミッション 地植え 5, Ak69 入場曲 格闘技 32, 散弾銃 ドットサイト ゼロイン 4, ローソン チーズタッカルビ 冷凍 11, ガスガン ガス 何回分 4, アークナイツ スタートダッシュガチャ いつまで 4, 時には 昔の話を 海外の反応 12, ヴィッセル神戸 移籍 2020 噂 58, 福岡 ソフトボール 高校 強豪 41, ダニエル ラドクリフ 両親 4, 池松壮亮 彼女 画像 12, よこ よこ 長野パルセイロ ツイッター 7, レクサス Nx 最小回転半径 6, 総務省 自治体 情報セキュリティ ガイドライン 6, 不老不死 Mp3 ダウンロード 9, Castor Pollux 意味 13, 朝の 素敵 な 挨拶 7, やきう民 Ss ホラー 51, Vape アトマイザー 味重視 4, エアロバイク 脚やせ ビフォーアフター 8,

© 2020, . All rights reserved.