18/11/2020 Shpërndaje

ドレン ガンダム セリフ 52

ここでは、「機動戦士ガンダム 第4話 ルナツー脱出作戦」 に関する記事を紹介しています。 機動戦士ガンダム 第4話 ルナツー脱出作戦. コロニー格闘技の覇者たる証キング・オブ・ハートの紋章を右手に持つ。 「機動戦士ガンダム0080 ~ポケットの中の戦争~」より引用, これまで戦争に直接関わることがなく、武器やモビルスーツがカッコいいと少年らしく憧れていた、主人公の「アルフレッド・イズルハ」が初めて人の死に直面し、戦争のリアルを感じて出た発言です。, 私達日本人は、過去には戦争を経験したものの、現在は戦争とは恐らく世界で最も縁のない国で暮らしています。, こうしている間でもどこかの国で人は争って命を落としていると思うと、この台詞はいつか私達が同じ状況に直面した時感じる事実なのかもしれません。, 「私には閣下の深いお考えはわかりません。

 (いずれも決勝戦での東方不敗に対する台詞。) セイラ「ホワイトベース聞こえまっか?援護に向いまっせ」, ドレン「リックドム2機後退させるんや!こっちからの砲撃の邪魔や!キャメル スワメル2艦で木馬をしとめるで」, ジオン兵「木馬の白い奴が」 なお、彼にキング・オブ・ハートが伝授されたのは先代キング・オブ・ハートであるマスター・アジア側の都合や問題もあったようで、当初は流派東方不敗の奥義を極めるに至っていない等、やや未熟な部分もある。, 島本キャラらしい、うねって尖った量の多い黒髪を赤いハチマキで無造作にまとめ(まとまってない)、後ろ側がはねているボサボサ頭。修行時代に受けた傷が×字の跡になって右頬に残っている。, 襟の高いダブルブレスト風のベージュのブルゾンを常にウエストベルトだけ(大きな金ボタンのようにも見えるが)で止めて胸を大きく開け、袖を肘まで捲り、インナーの緑の7分丈のクルーネックTシャツを見せ、黒い細めのズボン、茶のベルクロ靴、甲の部分が空いた黒の指ぬきグローブ、そしてなにより全身を包む大きな赤いマントが特徴。, 基本シンプルの黒地で、胸部に日本の日の丸を意識したマークがある。

「何故ならば、あんたが抹殺しようとする人類もまた、天然自然の中から生まれたもの! アレンビー・ビアズリー シュバルツ・ブルーダー ジオン兵A 「モ、モビルスーツらしき物、高熱源体接近」

ジオン兵A 「うわっ」. ただメカに弱いわけではなく、ファイト中にレインの指示で整備を行ったり、ボートを運転するなど、一通りの事は出来る。 ガンダムの整備は専属スタッフである幼なじみのレイン・ミカムラ任せ。 普段の粗暴で直情的な言動から脳筋バカと誤解されがちだが、自分で兵法を思いついたり、とっさの判断で攻撃のバリエーションを増やす頭脳プレーを発揮するなど、そこまで馬鹿ではない。しかし時にめちゃくちゃ理論を出す事があり、チボデーとのファイトにて「お前が10発のパンチを出すなら、俺は10体のガンダムで受け止める!」と言う小学生でも思いつかない事までやらかしてしまう。好意的にとればそれをやってのけるだけの実力があるということだが。 キュアキングオブハート

マーカー「直撃 左翼のムサイです」, ドレン「リックドム2機後退させろ!こちらからの砲撃の邪魔だ!キャメル スワメル2艦で木馬をしとめる」 第15位:「機動戦士ガンダム0080 ~ポケットの中の戦争~」アルフレッド・イズルハ. 自分自身を辞めることも出来ないのよ。, 『機動戦士ガンダムZZ』の強化人間、「エルピー・プル」の自身のクローンである「プルツー」に対するセリフです。, 人間誰しも自分自身を見ると、自分の嫌な面、マイナスな面が見えてしまい、自分を見ることを避けたくなってしまうもの。, しかし、そんな考えに対して、真っ向からの答えをぶつけてくる「エルピー・プル」のセリフは非常に心に響くものがあります。, 『機動戦士ガンダムZZ』は、ややガンダム作品の中では子供っぽいと思われる作品ではありますが、子どもというフィルターを通して、大人が言えないような心に響く台詞が多数あるのも魅力と言えるでしょう。, けれど、誰かがやらなければならない。残業をしなければいけない、休日出勤をしてでも終わらせなければいけない。, ホワイトベースには便乗、という形だったので指揮権はなかったと思います。ただわめいていただけの人、というイメージですね。, 意外にまっとうなことを言っているんですね。これは有名な映画の「事件は現場で起きているんだ!」にも通じるセリフです。, このセリフは、『機動戦士ガンダム』の中でもとくに有名であると考えられる、「親父にもぶたれたことないのに!」のやりとりの後の台詞。, ホワイトベースの艦長であるブライト・ノアがアムロを殴り「親父にもぶたれたことないのに!」というやり取りがあった直後に、アムロはガンダムで出撃し、ホワイトベースのピンチを見事に救ってみせます。, アムロはその後、様々な辛い場面を経験しつつ、一人前の戦士に成長していくのですが、このセリフはその成長の兆しを見せてくれます。, この前に部下が、「学徒動員の兵が多いので動きは悪いがみんなお国のために頑張っています」というセリフがあります。, これはホワイトベース追撃の任務でサイド7に部下のザクを潜入させた際に部下が先走り、アムロのガンダムによってことごとく返り討ちにあった際に、ムサイ級軽巡洋艦のブリッジにてシャアが発したセリフになります。, 作中の公式設定ではこの時点のシャアは20才という若さで少佐(国家元首が最高司令官になる一般的な軍隊で純粋な軍人の元帥を一番上にした場合、上から7番目)という階級であったものの経験不足からの失態を悔いてのセリフ。, 日常的な使い所としては、経験不足から何らかのミスをしてしまった時などが当てはまるでしょう。, このセリフはアニメ第5話にてホワイトベースが大気圏突入に差し掛かろうとしたタイミングで追撃してきたシャアのムサイ級軽巡洋艦から発艦してきたザク4機相手に, アムロのガンダム1機で応戦する(ホワイトベースの後部機銃による援護は気休め程度)となった際に弱気になっていたアムロに対してセイラがモニター越しに言ったセリフ。, 作中では直後に「おだてないでください」とアムロが返していますが、状況としてはホワイトベースは地球の大気圏突入能力を有しているものの、, 1stガンダムに出てくる一般的なモビルスーツには大気圏突入能力は無く、大気との摩擦熱で崩壊してしまうため、, 一歩間違えればガンダムも灰塵に帰す危険があった(ただし、ガンダムには大気圏突入能力が実は搭載されていた)だけでなく、戦艦並の砲を持つホワイトベースで使える武装も機銃程度という非常に緊迫した状況でのセリフになります。, ガンダムには大気圏突入能力が実は搭載されていたことで難を逃れる結果になりましたが交戦中に地球の重力圏に入ってしまったザクは爆発しています。, 日常的な使い所としては、出来る事に対してプレッシャー等から弱腰になっている相手にただ一言「大丈夫。あなたなら出来る」と言って信頼している事と出来る事だと認めているという事を伝える事が出来るでしょう。, 「皆守りたい人たちのために必死なんだ!!」という「カガリ・ユラ・アスハ」の台詞に対しての「キラ・ヤマト」の返しです。, 民間人でありながらもコーディネーターであるため、皆を守るためにストライクに乗らざるを得なかった、「キラ・ヤマト」。, どれほど守りたいという気持ちがあったとしても、守る力なくしてはそれを守ることすら出来ないという、ある意味、「キラ・ヤマト」自分自身にも向けられた悲痛な叫びではないかと思います。, 自分は力があるから周りからは頼られ、望まない戦場に出て、結果として守りたいものを守れなかった経験故に生まれたこの台詞は、ガンダム作品屈指の名台詞と言えるのではないでしょうか。, 「あんなの」の代わりにプレゼンの資料が少ない、サンプルの数が足りない、資料のグラフがモノクロだったなど。, 社内会議の資料の意味のないグラフ、量を稼ぐための資料、挙げればいくつも出てきます。, 本編でも未完成と言われたモビルスーツ、ジオングはガンダムと死闘を演じ、最終決戦に花を添えました。, このセリフはガンダムの中でもかなり有名なアムロの「親父にもぶたれたことないのにっ!」の後に続くセリフになります。, ブライトがアムロを殴るシーンは他のアニメやマンガでオマージュやパロディになっている事も度々ありますが、アムロの「親父にもぶたれたことないのにっ!」の部分で終わる事がほとんどですが・・・, このセリフは単にアムロの「親父にもぶたれたことないのにっ!」というセリフに対する応答ではありません。, 「殴られもせずに」というのは痛みも知らずにと解釈できるので「殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか!」の一言には一人前になったやつは痛みを経験しているとも取れるでしょう。, 日常的な使い方としてはかなり汎用的で、失敗して落ち込んでる相手にはエールとして、浮わついてる相手に対しては叱咤の意味で使えるでしょう。, 君のような若者が命を落として、

カイ「来た!」「し…しまった!」 部下たちを怯えさせてどうなる。」, このセリフは、シャアのもとから異動となり、自ら部隊を指揮する立場となった彼に対して、宇宙空間での戦いで、部下が「ノーマルスーツ(宇宙服)を着てはいかがですか」と提案したことに対して発したものです。, ドレンのかつての上司であるシャアも、戦艦やモビルスーツ部隊を指揮する際にはノーマルスーツを着ていませんでした。, シャアの場合には独特の美学に基づいてのものでしたが、ドレンのこの名言は、リーダーがどうあるべきか、ということを示してくれています。, 自分についてきてくれている人がいる以上、たとえ見得や虚勢であったとしても、堂々としていなければならない。, それが集団のまとまりをつくるし、信頼感をつくることにもなる。そういうことを示してくれているのがこの名言です。, (C)創通・サンライズ ドレンがガンダムに登場する場面は複数回存在する。 (登場話:第7話・第11話・第32話) 目立つキャラでは無いがシャアからの信頼は厚い人物。 その彼が言ったセリフ 「馬鹿野郎、指揮官が …

アニメのガンダム主人公としては希少な成人男性(TVシリーズでは唯一の物語当初からの成人)であるが、メンタル的には少年的、未成熟な部分も多い。フィジカル的には2000倍の重力に耐える、モビルファイターの攻撃を生身で受け止める事が出来るほど、それこそ眼前でモビルスーツを自爆させても五体満足で死ななかったヒイロ・ユイより頑強にも関わらず、若さゆえの懊悩については時には成人らしくないほど苦しみ、周囲の助けを要した。 ジオン兵A 「本艦へとは、ちゃいます」 |

ナレーション「人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして、死んでいった。宇宙世紀ダブルオーセブンティーナイン(0079)、地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。この一ヶ月あまりの戦いでジオン公国と連邦軍は、総人口の半分を死に至らしめた。人々はみずからの行為に恐怖した。戦争は膠着状態に入り、八ヶ月あまりが過ぎた」, ジーン「曹長、軍の施設は右上のブロックのようです」「出勤時間のはずですが、車が一台行っただけです。人影はありません。・・・ん?いました!子供のようです」, フラウ「アムロー!?アムロ?まあまだ食べてない。アムロー!?」「こんなことだと思ったわ。ちゃんと朝食を取らないと、体の為に良くないのよ」, ハロ「ハローアムロ。ハローアムロ」アムロ「ハロ、今日も元気だね」ハロ「サンキュー、アムロ」フラウ「何を着ていくつもり?アムロ?アムロ!?」アムロ「このコンピューター組んだら食べるよ」フラウ「避難命令聞いてなかったの?」アムロ「避難命令?あのサイレンそうなの?」フラウ「あきれたー、軍の放送聴かなかったの?軍艦が入港するから避難するんだってさ!」アムロ「なんでー?」フラウ「知らないわよ!」「アムロー!時間が無いのよ!」アムロ「わかったよー・・・」避難を呼びかける人「退避急げー!」フラウ「外で待ってるから。ハロ、いらっしゃい」アムロ「うるさいなぁー」, フラウ「ハヤト君!」ハヤト「やあ、フラウ・ボゥ」フラウだめじゃない、お向かいさんなんでしょ?アムロに教えてあげなくっちゃ」ハヤト「ああ、避難命令のこと?」フラウ「そうよ!一人っきりなんだから」ハヤト「ア、アムロの親父さんみたいな軍事技術者がここにこなけりゃ僕らは・・・」フラウ「研究施設を作るんで立ち退きさせられたの、まだ恨んでんの?」ハヤト「そ、そういう訳じゃないけど・・・」ハヤトの母「ハヤトー!」ハヤト「はい!!」「じゃ!」フラウ「アムロ!」「アムロ、お行儀悪いのね」, フラウ「入港する軍艦にアムロのお父さん乗ってるんでしょ?」アムロ「だと思うよ?一週間前に地球に降りるって言ってたから」フラウ「ここも戦場になるの?」アムロ「知らないよ!親父は何も教えてくれないもん!」連邦士官「ホワイトベースにガンダムの部品を乗せりゃ良いんだ。地上の作業を急がせろ」連邦兵A「はっ!!」連邦士官A「ホワイトベースめ、よりにもよってジオンの艦につけられるとはな」「ほほう、これか」連邦兵B「はっ!」連邦士官A「さすがわが軍の新鋭戦艦だな。この艦とガンダムが完成すれば、ジオン公国を打ち砕くなぞ造作もない」, ブライト「伝令。レイ大尉、サイド7へ入港いたしました。至急、ブリッジへおいでください」テム「ん、了解した」「ブライト君といったね?」ブライト「はい」テム「何ヶ月になるね?軍に入って」ブライト「六ヶ月であります」テム「19歳だったか?」ブライト「はい」テム「ガンダムが量産されるようになれば、君のような若者が実戦に出なくとも戦争は終わろう」ブライト「お子様でらっしゃいますか?」テム「ああ・・・こんな歳の子がゲリラ戦に出ているとの噂も聞くが本当かね?」ブライト「はい、事実だそうであります」テム 「嫌だねえ」, パオロ「ご苦労様です、レイ大尉」テム「結局、ジオンの船から逃げ切ることはできなかったか」パオロ「残念ながら」, シャア「私もよくよく運のない男だな、作戦が終わっての帰り道であんな獲物に出会うなどとは」「フフ、むこうの運が良かったのかな?」ドレン「はい、シャア少佐。しかし、あんな僻地のサイドに連邦のV作戦の基地があるんでしょうか?」シャア「あるよ。我々のザク・モビルスーツより優れたモビルスーツを開発しているかも知れんぞ」ドレン「まさか、あんな僻地のサイドで」シャア「遅いな」ドレン「来ました」「暗号、CC2です」シャア「見ろ、私の予測した通りだ」ドレン「で、では、連邦軍もモビルスーツを?」シャア「開発に成功したと見るのが正しいな・・・」, デニム「ああ、三台目もモビルスーツだ。まだあの中にもあるかも知れんぞ」ジーン「叩くなら今しかありません」デニム「我々は偵察が任務だ」ジーン「しかし、敵のモビルスーツがあの戦艦に載ったら!」デニム「手柄のないのを焦ることはない」デニム「おお、ジーン、何をする?」ジーン「シャア少佐だって、・・・戦場の戦いで勝って出世したんだ」デニム「おいジーン、貴様命令違反を犯すのか?やめろ、ジーン!」ジーン「フン、手柄を立てちまえばこっちのもんよ!」「ヘッ、敵を倒すには早いほどいいってね」, 避難民A「おお、近いぞ」避難民B「隕石じゃないの?」アムロ「こ、この振動の伝わり方は、爆発だ」避難民達「ああっ」避難民C「ジ、ジオンだ。ジオンの攻撃だ」フラウ「アムロ!」アムロ「父を捜してきます」避難民C「アムロ君」避難民D「君、勝手に出てはみんなの迷惑に・・・」アムロ「父が軍属です。こんな退避カプセルじゃ持ちませんから、今日入港した船に避難させてもらうように頼んできます」避難民D「あ、君、やめたまえ」アムロ「閉めといてください!」避難民D「ああ」, アムロ「あっ、ああっ!!」避難民A「あ・・・」避難民B「あっ、ジオンのモビルスーツが」アムロ「こ、これが、ジオンのザクか」連邦士官B「貴様、民間人は退避カプセルに入ってろ!」アムロ「技術士官のテム・レイを探してるんです、どこにいるんですか?」連邦士官B「艦じゃないのか?おーい、降ろせ」アムロ「・・・危ない!!」「ぁぁ・・・」「し、死んだ・・・」「ん?」「極秘資料?・・・こ、これは、連邦軍のモ、モビルスーツ」, スレンダー「自分は命令を・・・」シャア「デニム曹長は?」スレンダー「は、ジーンを援護する為、後方から出ました」シャア「連邦軍のモビルスーツは存在するのだな?」スレンダー「はい!」シャア「スレンダー、お前は撮れるだけの写真を撮って、危険になったら引き上げろ」スレンダー「は、はい」ドレン「どうします?」シャア「デニムに新兵が押えられんとはな。私が出るしかないかもしれん、船をサイド7に近づけろ」ドレン「はっ」, 避難民E「港へ行くんだ、急げ!!」避難民F「逃げ遅れるな!!!」避難民G「走れ!!!」アムロ「コンピューター管理で操縦ができる。教育型タイプコンピューター。すごい、親父が熱中する訳だ」フラウ「アムロ!!」アムロ「あぁ」フラウ「アムロ、何をしてるの!?」アムロ「あっ」, 避難民達「うわあっ!!」レツ「ああっ!」「ちくしょう!!」フラウ「アムロ!」アムロ「・・・」フラウ「アムロ!!」テム「奥のリフトが使えるはずだ」アムロ「フラウ・ボゥは港に上がれ!」フラウ「アムロ!!」フラウの母「フラウ、早く!」フラウ「はい!」アムロ「父さん!」テム「第三リフトがあるだろう」連邦兵F「リフトは避難民で」アムロ「父さん!!」テム「避難民よりガンダムが先だ。ホワイトベースに上げて戦闘準備させるんだ」連邦兵F「はっ!!」アムロ「父さん!!!」テム「ん、アムロ、避難しないのか?」アムロ「父さん、人間よりモビルスーツの方が大切なんですか?」テム「早く出せ」アムロ「父さん」テム「早くホワイトベースへ逃げ込むんだ」アムロ「ホワイトベース?」テム「入港している軍艦だ」「何をしている」連邦兵F「エ、エンジンがかかりません」テム「ホワイトベースへ行くんだ」「牽引車を探してくる」アムロ「父さん・・・」「・・・?」「これが連邦軍の秘密兵器なのか。うわっ」フラウ「アムロ、早く!!」アムロ「・・・」フラウ「大丈夫?アムロ、きゃあーっ!!!!」アムロ「フラウ・ボゥ!!!!・・・フラウ、フラウ・ボゥ!」フラウ「うっ・・・」アムロ「フラウ・ボゥ、しっかりするんだ」フラウ「・・・ア、アムロ」アムロ「立てるか?」フラウ「うん・・・」「・・・か、母さん?おじいちゃん?」アムロ「ぁ・・・」フラウ「あ、あ、母さん、母さん、母さん・・・」(嗚咽)アムロ「フラウ、君までやられる、逃げるんだフラウ」フラウ「嫌よ・・・」アムロ「しっかりしろ、君は強い女の子じゃないか!?」フラウ「ううっ・・・」アムロ「港まで走るんだ。走れるな?フラウ・ボゥ!!僕もすぐ行く。行くんだ。走れ、フラウ・ボゥ!!」フラウ(嗚咽)アムロ「走れ、フラウ・・・」「そ、そうだ。フラウ・ボゥ、い、いいぞ・・・」, アムロ「こいつ、動くぞ」「同じだ。こいつか?」「すごい、五倍以上のエネルギーゲインがある。やってみるさ」「これだけか?」「こいつだ」「間に合うか?左と、右か」, 連邦兵G「うおっ」キッカ「ううっ」連邦兵H「早く武器を」「ホワイトベース、コアファイター発進できませんか?」連邦兵I「できるわけないだろ、サイド側の壁を開かなきゃあな」パオロ「戦闘員は全員出たのか?」連邦兵J「はっ、パイロットもガンダム収容に降ろさせました」パオロ「サイドの中から攻撃とはな」, アムロ「うっ、た、立ちあがって」「し、正面だ!」「・・・ぶ、武器は?」「あああっ!!!!」ジーン「デ、デニム曹長、て、敵のモビルスーツが動きだしました!」デニム「な、なに?みんな部品ばかりだと思っていたが」ジーン「いや、まだよく動けんようです。やります!」アムロ「きたっ!」ジーン「な、なんてモビルスーツだ。ライフルをまったく受け付けません!!」アムロ「見てろよ、ザクめ!」デニム「我々は偵察が任務なんだぞ、退くんだジーン!」ジーン「なに言ってるんです!!ここで倒さなければ敵がますます!うっ」デニム「おおっ、立った!」アムロ「クッ、た、立ってくれ!!・・・立てよ!」「これか!」「クッ!」, 連邦兵F「技師長、味方のモビルスーツが動き始めました!!」テム「動く?なんて攻撃の仕方だ。誰がコクピットにいる?」, アムロ「あっ、弾が切れた」ジーン「やってやる。いくら装甲が厚くたって」アムロ「き、来た!!う、ああ・・・」ジーン「へっ、怯えていやがるぜ、このモビルスーツ」「おおっ」「ああっ・・・」「おおっ、ああっ」デニム「・・・あれが連邦軍のモビルスーツの威力なのか?」アムロ「す、すごい」「あっ」「逃がすものか。ぶ、武器はないのか?武器は?」「これか」デニム「ジーン、スレンダーが待っている所までジャンプできるか?」ジーン「補助カメラが使えますから、見えます。ジャンプします」アムロ「逃がすものか」ジーン「うわあーっ!!!」アムロ「あーっ!!!」「うあっ!」, アムロ「モ、モビルスーツのエンジンをやればサイド7もやられちゃうかもしれない。ど、どうすればいいんだ?」デニム「ええい、よくもジーンを!!」アムロ「ど、どうする?コクピットだけを狙えるのか?」「今度ザクを爆発させたら、サイド7の空気がなくなっちゃう」「うっ・・・」, ブライト「民間人をホワイトベースへ急がせろ」連邦兵L「はっ」連邦兵M 「空気の流出は止まったようです」ブライト「ガンダムの運搬は?」連邦兵M「正規の技師がほとんどやられてしまったようで、進んでいません」ブライト「あれにもやってもらおう」連邦兵M「は?」ブライト「正規のパイロットだろうとなんだろうと、手伝ってもらわなければなるまい」アムロ「な、なんだ?」, シャア「スレンダーは?」ドレン 「サイド7を脱出して本艦に向かっております」シャア「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」, 次回予告「サイド7を脱出するホワイトベースを待ち受けていたシャアは、ついに赤い彗星の本領を発揮してガンダムに迫る。それは、シャアにとってもアムロにとっても、初めて体験する恐ろしい戦いであった。機動戦士ガンダム、次回、『ガンダム破壊命令』。君は、生き延びることができるか?」, gundam78さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 「そんなはずはない!ガンダムはいるはずだ どこなんだ」

ドモレイ ドモアレ 石破ラブラブ天驚拳 ドレン 「スワメルか」 ドレン「ほ…ほな、どこにおるんや?ガンダムは!」

作品を知らない人にはゲームの印象から「やってやるぜ」系の熱血主人公と勘違いされがちだが、普段は口数が少なくぶっきらぼうな性格。戦いになるとやかましくなるのは周知の通り。

シャッフル同盟の仲間たち   「ガンダムだ。あの白い奴だ…」

}.

セイラ「うまい!」

ドレン「何や?聞こえへんで!」 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ドレン 「スワメルか」, ジオン兵「大尉!ノーマルスーツを着用してください」 ブログを報告する.

1: 無名のガンダム乗りさん 2019/01/21(月) 13:45:06.483 ひゃっはああああああ 汚物はしょうどくだあああああ 2: 無名のガンダム乗りさん 2019/01/21(月) 13:46:28.574 ザマァないぜ 3: 無名のガンダム乗りさん 2019/01/21(月) 13:49:54.602 あっいてて!よくもやってくれたな!!そーれ!お返しだい!ビームラ …

ハヤト「カイさん!うかつだぞ!」 「よし!第一戦闘配置 ちゃっちゃとしいや!行くで!」, スレッガー「どうもねーちゃんのケツにつくっちゅうんは、わいの趣味とちゃうな!」



ジオン兵「フラシイや。奴はガンダムを見てへん言うてまっせ」 ドレン「バーカ 指揮官が真っ先にノーマルスーツを着られるかよ」 アニメ機動戦士ガンダム 劇場版第3作「めぐりあい宇宙編」より引用, 臆病なくらいに慎重にことを進めた方がよい、石橋でもたたいて渡った方がよい、ということだと思います。, 上司や客先が求めているものと自分のやろうとしていることが一致しているか、常に確認していないと思わぬ出戻りが発生します。, 「赤い彗星」の異名をもち、『機動戦士ガンダム』シリーズ切手の存在感と人気を誇るキャラクターであるシャア・アズナブルのセリフから。, 策士であるシャアならではのセリフなのですが、この名言はいかなる際でも参考になる言葉です。, 状況に流されてガンダムを操縦したり、宇宙に脱出したりと戦略も選択の余地もなく行動している主人公のアムロ。, ビジネスにしろ、日常のちょっとした出来事にせよ、自分が行ったことが後々にどう響いてくるのか?ということを想像しながら行動することは、とても大事なこと。, シャアは若き身でありながらも、自分を客観的に捉えていることができる冷静な人なので、そうした視点を持つことはかなり大切な事であると感じます。, 「馬鹿野郎、指揮官が真っ先に 新しい時代を創るのは、老人ではない!, 自分が犠牲になって、間違った世の中が自分の犠牲によって正せるのであれば良いという「カミーユ・ビダン」の言動に対する、「クワトロ・バジーナ」の発言です。, 『機動戦士Zガンダム』が放送されたのは、今から約30年程前ですが、まるで高齢化の進む現代社会を予期していたかのような重みのある名言ですよね。, 今の日本は若い人が労働の対価で得た賃金を年金という形で支払う=犠牲となり高齢者の方々を支える国家構造です。, それを悔やむアムロに対して、「君一人で戦争が終わらせられるわけではない」と一喝した後で、こう語ります。, ウッディ大尉の任務は戦場で戦う兵士たちの補給、つまりバックアップなのですが、それに高いプロ意識をもっていることが示されています。, 彼が望んでいることは「人の哀しみを生み出し続ける戦争が早く終わること」なのですが、それに対して自分ができることはわずかであることを悟りつつも、できる限りのことを精一杯やっていく誇りがこの名言には溢れています。, 同時に、人ひとりにできることには限界があっても、それが積み重なることで成果が生まれることや、各々が本分を尽くすことによってはじめて全体の目的が達成されることということも読み取れる、深い名言です。, 制作された当時の世界情勢や世相を反映して作られることの多い各ガンダム作品は、それ故に心に響く本当の意味での名言と言える台詞が多くなると考えています。.

オートファジー エバ 考察 28, Facebook いいね 拡散 20, マイケル ジェッター 死因 8, 鶴 漢字 学年 26, ホルスター 腰 後ろ 6, Amd チップセット Ryzen 18, My Friend 呼びかけ 9, Daigo オーディオブック おすすめ 4, 自傷行為 小説 ジャニーズ 26, 太陽 日 酸 Isotec 5, 関 ジュ 高校 5, Ps4 で遊べる 昔のゲーム 10, 銃 スライド つかむ 10, 12人の優しい日本人 舞台 初演 4, Nao インスタ I Wish 8, ポケモンクエスト 鍋 置き方 8, プライズ ぬいぐるみ服 作り方 4, バイト メール 返信 遅れた 10, 海外ドラマ ランキング 2019 5, 遺留捜査 スペシャル キャスト 6, 札幌 福岡 都会 11, ウイイレ2020 アンカー 金 5, スイッチ マイクラ 読み込み遅い 14, Mtg 禁止カード 歴史 12, ポケモン サンムーン リザードン シリアルコード 9, ニトリ デスクマット カット 4, マイケル ジャクソン バブルス 現在 9, Ark 油田ポンプ 使い方 38, エクストレイル T32 リアドライブレコーダー取り付け 14, Fifa20 日本代表 使い方 32, モノズ 進化 遅い 4, 堂本剛 姉 独身 29, 小関裕太 英語 動画 15, 贖罪 キャスト 子役 23, シャッフルおじさん 声 誰 10, Hamzy 食べ方 汚い 19, Ark 飛行速度 Mod 49, デュエマ殿堂 2020 夏 7,

© 2020, . All rights reserved.